◆ リーガ・エスパニョーラ(スペイン)

リーガ・エスパニョーラは、スペインの国内リーグである。
その歴史は1872年、イベリア半島南西部にある地中海岸の町『ウエルバ』にフットボールが伝えられる。
それから17年後の1889年に国内初のサッカークラブが誕生し、それを機に次々とクラブが生まれスペインサッカーの礎を築くことになった。
更にそれから39年後の1928年にプロリーグが誕生した。
2010年現在では、バルセロナとレアル・マドリードの2強の時代という感じである。
バルセロナの華麗なパスサッカーが注目されており、スペイン代表でもパスを基本としたサッカーでユーロ2008を制覇するなど強さを示している。